自己破産の相談窓口.com|24時間全国対応無料相談できる弁護士

債務整理のデメリットを簡単にご紹介!

債務整理とは借金問題を解決するための手段の総称ですが、自己破産や任意整理も含まれています。民事再生や特定調停も債務整理ですが、それぞれに特徴が異なりますし誰でも利用できるものと条件を満たさなければできないものもあります。債務整理のデメリットは手続き後の生活にありますが、金融事故として信用情報機関に登録されてしまうことから、融資審査に通らなくなる点にあります。キャッシングだけではなく全てのローンに通らなくなるため、手続き後は現金での生活になってしまいます。デメリットの中で最も大きいのが信用情報機関に登録されてしまうことですが、任意整理以外では官報に載ったり特定の職業に就けなくなるデメリットがあります。デメリットは債務整理に共通するものですから、手続きを行えば避けられない状況となります。債務整理の中でも任意整理に関しては裁判所を通さずに利用できますので、状況によって金融事故として扱われないケースがあります。任意整理は払い過ぎた利息を正しい金利で計算し直し、過払い金として返還請求が行えます。返還請求によって残債がゼロになってしまうケースもありますが、その場合には金融事故として登録されないメリットがあります。任意整理以外では全てが信用情報機関に登録されてしまいますが、過払い金の額が大きく完済できる場合には債務整理の事実が残りませんので、手続き後も正常な人と同じように借り入れができるようになります。