自己破産の相談窓口.com|24時間全国対応無料相談できる弁護士

個人再生のデメリットとはどんなこと?

借金の返済が困難になってしまうと、お金を借りている金融業者などからの取り立てを受けることになります。
最近は借金問題を抱える人が多いと言われていますが、これも比較的気軽にお金を借りることが出来る時代と言う事でもあるのですが、キャッシングを利用している中で返済が難しくなれば、金融業者も債権を回収すべく取り立てを行う事になります。

 

貸金業法が制定されたことで、貸金業者は脅す行為、大きな声をあげたり、決められた時間以外の電話連絡など様々な規制がひかれており、法律が制定される以前と比べれば緩和はしていますが、取り立てが起きることで通常の生活もままならなくなります。

 

法律相談事務所は、無料の借金相談を行っており、債務整理を行う事も可能です。
債務整理の一つに個人再生が有りますが、個人再生は自己破産と任意整理の良い部分を引き継いだ形の債務整理だと言う人もいます。

 

但し、個人再生を行う事でデメリットも無いわけではありません。
個人再生におけるデメリットは、官報に掲載されると言う事です。
これは、個人再生の手続きが裁判所を通じて行われるもので、裁判所での決定された事は、官報に掲載されることになるからなのです。
官報の情報は、お金を借りる時やクレジットカードを作る時、金融機関などが利用する個人信用情報を管理している信用情報機関が官報の情報を共有化しており、これが元となってお金を借りたり、クレジットカードが作れなくなると言ったデメリットが有るのです。