自己破産の相談窓口.com|24時間全国対応無料相談できる弁護士

差し押さえの解除法とは?※自己破産という選択

信販会社や消費者金融業者など、融資を行っている金融業者は数多くあります。
これらの金融業者のサービスを利用して、借入れをしている人も多いでしょう。
金融業者からの借入れを利用した場合には、毎月における支払いが大変になってくることが考えられ、支払い期日における返済が滞ってしまったときには、給料などを差し押さえられることがあります。
借入れを行っていた債務者が返済不能に陥ってしまうと、金融業者などの債権者は訴訟をすることで、裁判所を通じて債権の回収を実行してくる場合があります。
継続して支払いが滞っていると、債権者は給料を差し押さえる手段を取れることになります。
給料が差し押さえられている状態の場合には、自己破産の申し立てをしただけでは効力を取り消すことはできません。
自己破産の同時廃止の手続きを行って、自己破産の手続きを開始してから、免責の許可の申し込みをして差し押さえの停止を申し立てなければなりません。
つまり、裁判所において自己破産の宣告を行って、借金の支払いについての能力を有していないことが認められた後に、支払いを免除してもらえる免責を認めてもらう時点まで差し押さえが続行されることになります。
免責許可の決定について確定されるのは、許可の決定が出されてからおよそ1か月後です。
ただし、給料については債権者に支払われるということではなくて、勤務先の会社において保管されていたり、供託する形となります。
免責許可が決定されることで、債務者に対して返還されます。