自己破産の相談窓口.com|24時間全国対応無料相談できる弁護士

2回目の自己破産をする際の注意点

債務整理には任意整理や個人再生、特定調停などの種類がありますが、これらの中でも特に借金問題を大きく解決できるのが自己破産です。

自己破産以外の債務整理は、ある一定の額まで借金を減額する事が可能となっています。
しかし、残った額の借金は原則として3年ほどで完済しなければいけないのです。
自己破産はというと裁判所で免責が認められれば、借金の支払い義務がなくなり、実質的に借金はゼロになります。

金銭的に苦しいという方だけでなく、厳しい督促に合っているという方も、裁判所に申し立てを行えば督促される事も無くなるので、精神的にも負担は軽くなります。

ですので、どうしても返済できない額の借金や、任意整理・個人再生などを行っても返済出来ないという場合は、自己破産で借金問題を解決しましょう。

ただ、1度自己破産で借金を整理したけれど、また借金を重ねてしまい返済出来なくなったというケースも、少なくありません。
自己破産は1回だけでなく2回目・3回目と借金を整理できる債務整理となっています。

ただ、2回目ともなると1回目よりも敷居は、高くなるようです。
ギャンブルや浪費などの借金の場合、1回目の時で何も学んでいないと裁判所が判断し、借金を整理出来ないかもしれません。

また1回目、借金を整理してから7年間は申し立てを行う事が出来ないので、その点は注意する必要があります。
2回目の自己破産を行いたいという時は、1回目から7年経過してから裁判所に、申し立てを行う必要があります。