自己破産の相談窓口.com|24時間全国対応無料相談できる弁護士

抱えている借金が支払えないと判断した際に自己破産を検討される方もいらっしゃることでしょうが、自己破産は債務者だけの問題ではありませんので、一旦冷静になって判断すべきです。

 

債権には連帯保証人をつけていることが多いと思いますが、その連帯保証人にも大きな影響を与えます。

 

というのも、連帯保証人は債務者が借金を返済できなかった際に債務者の代理になって支払わなくてはならないからです。

 

もしも借金が払えず、債務者が自己破産をした場合、債務者自身は借金から解放されますが、決して借金がなくなったという訳ではありません。

 

その借金の請求は今度は債務者から連帯保証人へ引き継がれます。

 

すると債権者は連帯保証人に対して、借金の一括請求を行います。ローンなどの請求は支払いが滞った場合に請求を一括請求に変えられるという条項がローン契約などに盛り込まれています。

 

しかし、ローンの返済額が高額だった場合、ローンの一括返済はできなくなります。

 

つまり、連帯保証人もローンが支払えなくなり、同じく自己破産となってしまうことになります。

 

せっかく信用してくれた連帯保証人の人生まで台無しにしてしまうのです。

 

そういった方にまで迷惑を掛けてしまう前に、一度専門家に相談することをお勧めします。

 

自己破産のデメリット