自己破産の相談窓口|無料で相談できる弁護士事務所

自己破産の相談窓口|無料で相談できる弁護士事務所

自己破産その他債務整理について、無料で相談できる窓口をまとめました。
債務整理は早めの対応が大切。
自分に合った無料相談窓口を探してみましょう。

 

借金お助け相談窓口

借金問題から自己破産の相談まで

365日24時間全国無料対応

借金お助け相談窓口
⇒借金お助け相談窓口に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-358-071

 

 

自己破産とは?


自己破産とはかんたんに言ってしまえば、
裁判所の判決によって、すべての借金をチャラにしてもらう手続のことです。

 

自己破産のメリット

全ての債務支払い義務免除
一定までの財産は残せる

など

 

自己破産のデメリット

自分が所持している不動産といった一定以上の財産を失うことになる

マイホーム・土地・別荘など

 

一定期間は就くことが出来ない職業がある

弁護士・司法書士・税理士・公認会計士・日本銀行の役員・旅行業者・警備員など

 

クレジットカードなどを作れなくなる期間がある

官報やブラックリストに載り、最低5年はクレジットカードを含めた借入ができなくなります。

 

上記の通り、自己破産は借金がゼロになる代わりにリスクもあります!
自己破産以外にも借金問題解決の手段はあるので自分に合った借金整理を確認しましょう。

 

自己破産を専門家に相談するメリット

借金解決のための行動が明確になります

 

不安を取り除くためにも、専門家の方に悩みや状況を伝えることは大切です。

 

人間は、感情に左右される生き物です。ただただ悩みや不安を常に抱えている人には決して最良の結果は訪れません。

 

逆に、ポジティブな人のもとには自然と良い運気が流れこんできます。
ポジティブな思考をしている人と、悩みや不安を常に考えている人では時間の使いかたがまったく違うのです。

 

借金をしていても、とる行動が明確な人は、今自分がやるべき行動を確実にこなしていきます。

 

これは、しっかりと借金解決への道筋を示してくれる専門家の存在があるからです。

 

もし、あなたが借金に苦しまれ、自己破産などを考えているようでしたら専門家に一度だけでも相談してみてください。あなたのやるべきことが明確になります。
必ず借金問題はいい方向に向かっていくはずです。

さっそく弁護士に相談してみる

 

自己破産に関する弁護士事務所選びのポイント3点

無料相談が可能

相談料が0円の事務所をおすすめします。さらに弁護士費用のお支払いも、家計の状況に合わせ柔軟に対応できるところを選びましょう。

即日対応可能

自己破産まで考えられているということは、借金問題はまったなしの状況と言えます。
取り立て、督促に対してスピーディーに対応、職場やご家族に内緒で手続きも可能な弁護士事務所を選びましょう。

経験と実績が豊富

弁護士は自身の専門分野を持っています。
ですので借金問題にお困りなら、自己破産などの債務整理に強い弁護士事務所を選びましょう。

 

<ケース別>無料で相談できる自己破産の無料相談窓口

親身に相談にのってもらいたい時は「借金お助け相談センター」

「借り入れ件数が多いから手数料がかさんでしまうかも…」
「こっちが若いからってナメて足元を見るようなマネをされないか不安…」
実際そんな悪対応の事務所もあったりしますが、この「借金お助け相談センター」は親身な対応で不安を取り除いてくれます。

 

十分に依頼内容を打ち合わせし、こちらが納得した上で依頼を受け付けてくれるので安心
また電話やメールでの無料相談ができるので気軽にご相談することができます。

 

 

借金お助け相談窓口
⇒借金お助け相談窓口に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-358-071

 

闇金に困っているときは「ウイズユー司法書士事務所」

 

毅然とした態度と確実な手腕が必要となる闇金対応。
ここの奥野司法書士はヤミ金対応を得意としており、バイタリティあるその活躍はTwitterなどでも。
相談無料はもちろん、司法書士事務所なので弁護士事務所より費用も抑えられます

 

 

ウイズユー司法書士事務所
⇒ウイズユー司法書士事務所に無料相談してみる

 

とにかく借金で困ってるときは「債務整理シミュレーター」

自分の借金には、どんな債務整理をすればメリットが大きい?
かんたんな質問に答えるだけで気軽に診断できるシミュレーターです。
無料、しかも匿名で診断できるので安心。

 

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

自己破産した方の体験談

買い物依存症からの自己破産の相談をした体験談

自己破産したMさん(女性)のケース


私は以前買い物依存症でした。
買い物依存症になって原因は会社でのストレスです。

 

そしてそのうち買い物が止まらずに借金をして、買い物をする様になってしまいました。
借金が増え続け、返済が出来なくなり、私は弁護士に相談したのです。

結果的に返済は無理なので、自己破産の手続きをしてもらいました。

 

自己破産の申立を裁判所に行い、裁判所から破産宣告と免責を受けました。
その結果、会社はやめることになりましたが、借金は無くなりました。

 

多重債務になり自己破産の相談をした体験談

自己破産したHさん(男性)のケース


カードローンの利用を始めたのは、テレビのCMを見て、便利そうだと感じた事がキッカケでした。
実際に利用者の体験談を見ても、とても便利そうで、軽い気持ちで審査を受けてみたところ、すぐに利用可能となりました。
ただ、その後の考えが甘く、気がつけば多重債務となり、返済が困難な状況になっていました。

 

そこで考えたのが自己破産です。
自己破産の体験談を読んでみると、借金の返済義務はなくなったけれど、その後が大変だったという声も見られ、本当に自己破産を選んで良いのか、悩みましたが、このままでは何も解決しないと、弁護士事務所に相談に行ってみました。

 

体験談で読んだ不安要素を相談してみたところ、、確かに、自己破産により家や財産を全部失った場合、そこから生活を立て直すのは難しい事もあるけれども、元々、処分する財産がない、実家などに頼れるという場合、それ程、深刻に考えなくても良いという事が分かりました。

 

債務整理には他の方法もあると説明を受けましたが、今後も返済が続く状況は辛く感じ、自己破産を選択しました。
処分する財産等がなかった為、手続きは想像していたよりも早く進み、無事に免責許可が出て、借金返済の義務がなくなりました。
借金の返済の義務がなくなると、これからの事を落ち着いて考える事が出来るようになりました。

 

デメリットになるのは信用情報に傷がついた事位で、今のところ、それ以外に生活の不便は特になく、自己破産を選んで良かったなと思っています。

 

弁護士に自己破産のことを相談するならこちら

借金問題から自己破産の相談まで

365日24時間全国無料対応

借金お助け相談窓口
⇒借金お助け相談窓口に無料相談してみる

フリーダイヤル:0120-358-071

EX.自己破産以外の債務整理について


借金返済が厳しく、「もう自己破産をするしか道はない」と考えている方も多いのでは。
確かに自己破産をすればこれまで抱えていた借金はなくなりますが、これまで述べてきた通りそれなりのデメリットもあります。

 

ですが、自己破産以外の借金整理方法ならどうでしょう。
任意整理や個人再生は借金はゼロにはなりません。
しかし自己破産よりもデメリットが少なく、こんなメリットも。

 

任意整理や個人再生のメリット
不動産を手放さずに済むことも
職業にも支障がないことも

 

自分1番合った借金整理方法はどれなのか?
それを教えてくれるのが弁護士です。
「もう自己破産をするしかない!」と決めつけてしまう前に弁護士に無料相談をして的確なアドバイスをもらうことをおすすめします。

 

弁護士に相談してみる